Skip to main content
ドアーズ・オブ・フェイム
1 / 1
  • 州:
    デラウェア州

古い建物の中に、1930 年代に遡ってリホボスビーチの芸術家たちのサインが飾られています。

どのコミュニティにも、芸術家たちが集まって教育し、誇りを持って作品を展示できる、芸術や文化の息づく場所があるものです。デラウェア州リホボスビーチでは、リホボス・アート・リーグ(Rehoboth Art League)がその場所です。

常時入れ替えられる展示や常設の 900 点ある作品、そして才能を豊かにする様々な芸術コース以外のアートリーグでの主な見どころは、センターの「ドアーズ・オブ・フェイム(Doors of Fame)」です。こちらには、アートリーグの開館当時、1930 年代に遡って有名な芸術家達のサインが刻まれています。

よく見てみると、初めて地元のレジェンドとして名を連ねた、今は亡きジャック・ルイスといった、リホボスビーチの芸術の歴史の要となる名前が見つかるでしょう。これらのサインは、地元に芸術的な影響を与えた「名士」たちが、今もなお尊敬されていることを表しています。

旅行の前に知っておきたいこと

リホボス・アート・リーグのキャンパスは、ビーチからほど近い場所にあります。5 つのギャラリー、教室、アトリエ、そして歴史ある 18 世紀の建物、ピーター・マーシュ・ホームステッド(Peter Marsh Homestead)が建ち並んでいます。ドアーズ・オブ・フェイムもまた、アートリーグの常設コレクションの一部です。キャンパスは年間を通して開放されており、時間はその時によって異なります。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。