Skip to main content
マンション・オン O ストリート
1 / 1
  • 州:
    ワシントン D.C.

興味深いアイテムがぎっしり詰まった 100 室の部屋の見学と、手の込んだティーサービスやイベントが楽しめるマンション・オン O ストリート(Mansion on O Street)は、隠れた名所です。

ワシントン D.C. のデュポンサークルの近くにあるマンション・オン O ストリートは、H.H. レオナード-スペロによって設立され、1980 年 2 月 14 日のバレンタインデーにオープンしました。この家の目玉は、迷路のような 4 階建ての建物内にある「100 以上の部屋と 70 の秘密のドア」です。

この邸宅が複雑な構造となった原因の 1 つに、奇妙なデザインが挙げられます。実際のところ、この建物は邸宅ではなく、4 軒のテラスハウスを繋げて、ホテル、美術館、プライベートクラブに改装した 1 軒の入り組んだ建物にすぎません。O マンションの「常設展示」の一部はわずかで、邸宅のテーマ別の部屋に積み上げられた数千点のアイテムのほとんどは売り物です。商品の多くは地元のジャンクショップやガレージセールで入手したもので、床から天井まである無数の本棚に入った数千冊の本も例外ではありません。

邸宅はホテルとしても使用されているため、訪問時に全ての部屋が一般公開されているとは限りません。それでも、ガイドなしでの邸宅の見学には数時間かかります。ログキャビンルーム、フレンチルネサンスルーム、ビリヤードルームなど、テーマが設けられた各部屋には、数百点のアート作品や本、その他の「お宝」があり、時間をかけて見る価値は十分あります。邸宅には、ジョン・レノン・ルームのサージェントペパーズのジュークボックスなど、ビートルズとジョン・レノンゆかりの品々も大量にあります。邸宅を去る前に、「ワインセラー」への秘密のドアを見つけるのをお忘れなく。脱出ゲームに出てくる隠し部屋を思わせるような室内に、膨大なワインコレクションが展示されています。

旅行の前に知っておきたいこと

マンション・オン O & O ストリート博物館では、コンサート、プライベートな食事会、レセプション、結婚式、ミツバー(ユダヤ教の儀式)、会議、各種イベントが開催でき、人気のツアーや宝探しイベントも行っています。いずれもオンラインでの予約が必要です。O マンションでは毎日午前 11 時から午後 5 時まで、利用状況に応じて一般向けの見学ツアーを実施しています。最終回は午後 3 時開始です。オンラインでの予約が必要です。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。